40年前のセイルをりぼーん(Reborn)

おときです。

English follows Japanese

 

還暦を迎えられたウインドサーファーO様から、「40年前のセイルでバッグを作ってほしいのだけど」とのご依頼

「はーい、わかりました」と回答し、りぼーんせいる製作担当に伝えたら、

「なんですと~~~~、40年前のセイル???」

とてもきれいな状態のセイルでした。ホッ(^^)

「こういう感じで、ここはこうしてほしい」というO様のご要望に可能な限りお応えし

(制作担当は難しいオーダーほど燃えるタイプなので)、完成しました。

本日、無事にお渡しすることができました。

   

40年前の思い出のセイルをリボーンしてできあがった二つのバッグと

またたくさんの思い出をつくっていただけたら嬉しいです。

 

A customer, who is a windsurfer celebrating his 60th birthday, asked us to make two bags from his 40-year-old sails.
We made the bags according to his requests and gave them to him today.
We would be very happy if he could make many more memories with the two reborn bags made by rebuilding the sails of 40 years ago.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です